毎年の健康診断では、腎臓が悪くなっていないので、トイレ回数も我慢

トイレの回数が、以前から多くて悩んでいます。
物心ついた頃から私は、トイレの回数が多いのです。
その頃は人との、トイレの回数を比べるなどはしなかったのですが、
大人になって(小学一年生の頃には、よくトイレに行っていたと思いおこします)
中学生一年生の頃にも、友達にトイレについて行ってもらってたのです。
やはり回数は多めでした。
この10年程は、会社勤めをしているのですが
上司の人からトイレの回数の多い事を認められるまでにも時間がかかりました。
私くらいトイレに行く人は、他にもいるのです。
仕事に入るまでに一回、午前中に一回行きます。
以前若い頃にも、現在とは違う会社のトイレを使用していましたが、
人より多めのトイレに行くことで、
さぼっているのではないかと、見られていたと思うのです。
一年に一度は健康診断で、尿や腎臓の具合など調べます。
弱めの腎臓などとの検査結果がでますが、
異常があるほどではないとでます。
夜などトイレ回数は、よく行く時でも一回位です。
でも熟睡からさめて、朝方にはトイレになんども行くのです。
私は過活動膀胱かと思った事もあります。
でもお漏らしをすることなどはありません。
過活動膀胱か、頻尿かと案じるのです。
分からなくなってしまうのですが、
からだに冷えがくることが関係すると自分では思います。
神経と膀胱とは関係が深いものです。
膀胱に尿がある程度たまる事で、神経は膀胱から脳へと伝えられます。
漏らさない為にも、脳が我慢する様にと命令をします。
尿をためる時は、脳が神経を伝わり膀胱にゆるむように命令し
尿道括約筋には、縮むように命令をします。
また脳が尿をしたいと決めた時は、膀胱が縮むことで
尿道括約筋がゆるむようにと命令するのです。
膀胱を制御できなくなって勝手に尿道括約筋が縮むと、
過活動膀胱の病気となるのです。
あれこれとおしっこの回数が多い事について思うのですが、
よくもこんなにおしっこがでるものだと、
日々感じるのです。
家に居る時の方が、トイレ回数が多いと思います。
緊張感とトイレ回数とは関係するものとも思うのです。